ウォーターサーバー会社では、大まかに分類して2種類の水を販売していることが多いと言われるそうです。RO水という特殊な技術でろ過した水と、自然から新鮮で安全な水を採水した天然水なのですが、安全性や味などの面で、どう選ばれているのかを考えてみました。


ウォーターサーバーを味で選ぶ

天然水を扱っている会社では、採水地を全国にもうけているところもあります。この場合はウォーターサーバーを契約するときに、いつも届けてもらう水を登録するそうですが、途中の変更はもちろん、追加発注だけ、違う地域の水を楽しむという方法も利用できるそうです。天然水を選ぶ人の多くが、味が美味しいという理由をあげています。


安全性で選ぶRO水

理論上、RO水という技術は、水の分子だけを逆ろ過して取り出すことで、安全性を保っているそうです。そのため、不純物などが取り除かれた水ということになります。身近なところでは、車の洗車などで水滴を残さない水として活用されていることもあると言われています。中には、ボトルに詰める前にビタミンなどを追加したデザインウォーターとして売られることもあります。安全性の面では非常に優れているため、安心して水を楽しみたい人に多いそうです。

水には硬度というものが存在しているのをご存知でしょうか?ウォーターサーバーなどでは赤ちゃんも利用できる優しい水という表現が使われることが多いのですが、この表現も、水の硬度から来ています。ウォーターサーバーでは軟水という水が利用されているのですが、日本で採水できる水の硬さを表していると思えばいいかと思います。


ウォーターサーバーの水に含まれるミネラル

ウォーターサーバーの天然水には、ミネラルやカルシウムなどの自然から溶けた栄養分が溶け込んでいます。この栄養分が多い水が、硬水というコントレックスなどのお水で、海外などで採水できるものです。これらはダイエット効果がある反面、消化器への負担も大きいので、赤ちゃんや小さな子どもには与えないことが原則となっているそうです。大人でも、硬度が高い水はお腹をこわしてしまう人もいるそうです。


栄養が溶けやすい水が軟水

水に含まれている栄養分が少ないため、お茶など水分へ栄養が溶けだしやすいものに最適なのも、このウォーターサーバーなどで楽しまれている軟水です。出汁などもこの水の特性を生かしたもので、素材の味や香りを水に移して楽しむことができる一方で、煮物などは崩れやすいという意見もあるそうです。

料理は水の味や質で変わることをご存知ですか?ウォーターサーバーは美味しいお水を飲みたいという人や、安心して飲める水を、という人が飲むイメージかもしれませんが、お料理にこだわりのある人にも、利用者が増加していると言われるそうです。


ウォーターサーバーの水で美味しいご飯を

日本のごはんといえば、主食はお米ですよね。このお米も、ウォーターサーバーの美味しい水を利用するだけで非常に美味しく炊けるのです。お米には、水の味が大きく影響します。水を使って炊き上げるので当然なのですが、毎日食べるお米は、お米の味だけでなく水の味にもしっかりこだわることで、より美味しく仕上がりますし、味も全く違うと言われています。


最初と最後だけでいいから経済的

お米は研いで炊きますが、ウォーターサーバーの水を使うのは、2回だけです。まずはお米をとぐ一番最初に水につけるとき、ここではお米が乾燥しているので、多くの水を吸収します。次が炊くときです。この2回だけを美味しい水にすることで、甘さなどの違いはずいぶん出るのだと言われていますが、2回だけでいいなんて経済的にもやさしいですよね。最初につけるときは、お米をなるべく揺らさないように浸して、水を含んだらすぐにお米を持ち上げましょう。

ウォーターサーバーは家庭だけでなく、小規模オフィスなどでも非常に高い人気があると言われています。一定の量を安全に保管できることから、緊急時や災害時に会社に取り残されても、飲み水などを確保が容易にできることなどのメリットもあり、福利厚生の一環として利用する会社も増えているそうです。


給湯室が狭くてもウォーターサーバーならOK!

ウォーターサーバーを利用すると、温水も沸かす必要がありませんから、給湯室が狭い会社でも非常に便利なのだそうです。電気ポットや瞬間湯沸かし器は置くだけで場所を取りますし、水を長い期間沸かすことで、水垢なども付着してしまいますが、ウォーターサーバーは常に水ボトルを交換するため、このような手間はかかりません。毎日、水受けの水を流して、コックなどを拭き取る程度のケアでいいのです。


エステなどで活用されることも

エステなども、徐々に個室や非常に狭い部屋で施術を行うホームエステなどが増加していることもあり、美容に敏感なお客さんに美味しい水で淹れたハーブティーなどを提供するところが多いそうです。水の味がまろやかで薬品のにおいもないことから、美容に敏感な女性にも好評だという声もあると言われていますし、ハーブティーなど香りを楽しむものは不純物のない水は最適だとも言われるそうです。

ウォーターサーバーは、安全でおいしいお水を宅配してもらえる、水を買う手間がない、などの理由から小さな子供のいる家庭や、小規模オフィスなどで高い人気が出ているそうです。特に、緊急時の水の確保が非常に難しいと分かった東関東大震災以降、災害時も水を安心して飲めるという理由で利用する人も増えたと言われているそうです。


ウォーターサーバーのサーバーは機能たくさん

ウォーターサーバーでは電気代がかかるという理由から、サーバーの設置を敬遠してしまう家庭もあったそうですが、現在ではエコモード搭載のウォーターサーバーが増加したことから、経済的に大きな負担なく水を楽しめると考える人も多いそうです。エコモードを搭載しているものは、最大で今までの3分の1まで電気代を削減できると言われるものもあります。


一人暮らしに最適なシンプルサーバーも

ウォーターサーバーは最初、小さな赤ちゃんなどがいる家庭で利用されることメインに考えていたのだそうですが、一人暮らしの人も多いことから、温水機能などの余計な電気代などがかかる機能を一切なくした、シンプルサーバーも徐々に扱う会社が拡大しているそうです。常温と冷水だけなど、コストのかかる温水は自分で必要なときに湯沸かし器などで沸かせばいいという意見があったそうです。